初めての自動車保険 基本の比較ポイント3点

自動車事故

自動車保険、そもそも何を基準にどうやって選んだらいいの?

保険料

保険料に最も大きく関係してくるのが、
代理店型(対面型) or  通販型(ダイレクト型)? どちらを選ぶかです。

「代理店型」とは、従来の代理店で対面式の販売方法で、保険代理店が保険の手続きを代行してくれるものです。

「通販型」の自動車保険は、ダイレクト型とも呼ばれ、中間業者を挟まずに自身で電話やネットを通じて見積りや契約を行うことが特徴です。最近では、テレビCMなどでも目にすることが多く、人気が高まってきている保険です。

保険料は断然ダイレクト型が安い。

保険料は、「純保険料」と「付加保険料」の2つで構成されています。
「純保険料」とは将来の保険金の支払いの源となる部分。

「付加保険料」とはその他の保険会社の運営費や利益、そして「保険代理店への手数料」が含まれます。通販型ではこの手数料が存在しないため、その分だけ保険料が安くなるという仕組みです。

賠償内容

自動車保険は、大きく分けて3つの保険でできています。


1.「賠償責任保険」 “他人や物に損害を与えてしまった”
   対人賠償責任保険、対物賠償責任保険

2.「傷害保険」 “自分や搭乗者が怪我をしてしまった”
   人身傷害保険、搭乗者損害保険

3.「車両保険」 “車が損害を受けてしまった”
   一般車両保険(フルカバー)、限定車両保険(エコノミー)


それぞれについて見ていきましょう。

「賠償責任保険」

自動車保険に加入する最大の目的である、賠償責任の補償。
他人を死傷させてしまった場合の「対人賠償責任」と他人の物を壊してしまった場合の「対物賠償責任」があります。

死亡事故の統計では、賠償金額が1億円にものぼるケースが少なくないため、補償額は“無制限”であることが必須でしょう。

「傷害保険」

こちらは、“自分や家族のため”の補償です。
事故で死傷した場合の治療費や死亡保険金に加え、療養中の休業損害の補償や精神損害の補償などがあります。

加入の最大の目的は、事故による長期療養や後遺症に備えるためです。障害補償は、3000万〜5000万円が一般的な額です。

「車両保険」

自分の車の損害を補償する保険で、これにより保険料は大きく変わってきます。
車両が新品で車のローンが残っている場合や、家計の蓄えが十分でない場合には、経済的な負担を考えて万が一のために勧誘しておいたほうが良いでしょう。

しかし、自動車保険の本来の目的は他人への賠償責任であるため、自分の車両の損害に備えた車両保険は必ずしも必須ではありません。

サービスやサポート

前半で、ダイレクト型では代理店型に含まれる代理店手数料を支払う必要がなく、その分保険料がぐっと安くなるという話をしました。

しかし、代理店ではこの代理店手数料がある分、充実したサポートが受けられるのも事実です。
実際に担当者の顔が見られて、対面式でのやり取りで相談や質問に即座に応じてもらうことができるという点や、きめ細かい事故対応やロードサービス、家族の情況の変化に応じた保険プランの提示・変更などが期待できます。

この代理店型は、ダイレクト型に比べて安心・充実したサポートが魅力の代理店型は、自動車保険初心者にオススメです。

一方で、自動車保険に関するある程度の知識があり、事故時の対応などが自分自身で行えるというドライバーはダイレクト型を選ぶのが賢明でしょう。

みんなにシェア!